ニュースレターはコミュニケーションツールです

サポーターのあいです。

9月になりましたね。
あれだけうるさかったセミの鳴き声も、いつの間にか静かになりました。

 

先月から月1回、ニュースレターを作成し発行をスタートしました。
そして先日、第2号を発行!

 

パーソナルブランド名古屋を、みなさんにもっと知ってもらうためのニュースレターです。

パーソナルブランド名古屋のセミナーやランチ会に参加してくださった方にお渡ししています。

 

 

ところで。

ニュースレターや個人通信をつくったことがありますか?

 

 

私は9年間養護教諭をやっていました。

みなさんも子供の頃、学級通信や、学年だより、学校だより、保健だよりといろんなおたよりをもらっていたのを覚えているんじゃないでしょうか。

 

養護教諭は「保健だより」を発行するのも大事な仕事のひとつです。

 

どのくらい発行していたかというと・・・

毎月発行する(8月は除く)ので、1年間に11回。

宿泊学習や感染症のお知らせなどで臨時号を発行することもありますから、年に12~13回は書いていました。

1年に12回として9年間で108回。

 

4年間は特別支援学校で小学生向けと、中高生向けの2種類を発行していたので、もっと多いか・・・

なので、それも加算すると・・・156回!!

 

今、初めて計算したので我ながらビックリです。

 

先程も書きましたが、
養護教諭は「保健だより」を発行するのも大事な仕事のひとつです。

 

数百人いる子どもたちに、情報を発信するのに「保健だより」はとても有用なのです。

 

保健室に来る子どもは限られますし、直接話をするにはあまりに時間がかかってしまいます。
でも保健だよりなら、同じ情報を数百人の子どもたちに届けることができるのです!

 

そして、おたよりに書いたことをきっかけに話をすることができる素晴らしいコミュニケーションツールなんです。

その子の考えや家庭環境が見えたり、保健指導につなげることだってできる。

 

 

ニュースレター、私たちもすごく使えるんですよ。

個人で活動される方、あと営業マンの方に、ニュースレターを書くことをオススメしたいです。

 

情報発信というより、お客様とのコミュニケーションのために!

「自分」という為人(ひととなり)を知ってもらうために!

 

 

パーソナルブランド名古屋を知ってもらうために
パーソナルブランド名古屋のサポーターである私たちのことをもっと知ってもらうために

 

私はニュースレターを発行してきますよ~!!

関連記事

  1. お勉強よりも、自分の想いを言葉にしよう

  2. おもしろい人は◯◯を壊す人

  3. 誰でも「先生・講師・コーチ・コンサルタントになれる」という風潮

  4. タニタの理念「◯◯◯」に入る言葉はなに?

  5. 働き方改革は、自分でやる。

  6. できの悪い人は、使う言葉も悪い

  7. ラジオという自分メディアを気軽に持てる時代

  8. 仕事で「ノー」と言ってもチャンスは広がる