お勉強よりも、自分の想いを言葉にしよう

成果を出している人は、
自分の想いをよく言葉にしています。

成果を出していない人は、
他人の想いばかりに捉われています。

具体的な行動に言い換えると、

成果を出している人は、
リアルでもネット上でも
情報を発信していています。

成果を出していない人は、
セミナーや本などから
情報を受信してばかりいます。

わたし自身は、
ずっと後者でした。

発信が先、受信は後です。

発信すれば、不思議なもので、
自然と必要な情報は入ってきますよ。

例えば、
わたしの場合、facebookで
「家族クレドをつくりたい!」
という叫びを投稿してみました。

そうすると、
共感します!とか、
わたしはこう思います!という
コメントやメッセージが集まります。

読むとわかるのですが、
自分が考えるよりも、
いい考えや言葉があるので、

「あ、自分だけでやらない方がいい」
とすぐ悟ることになります。笑

なんなら、叫ぶだけ叫んで、
できる人たちを集めて、
代わりにやってもらった方が
いいものができるとさえ思ってしまう。

それぐらい、発信することは、
パワフルで、可能性を広げる力がある。

あなたは、最近自分の想いを
発信していますか?

「お勉強よりも、自分の想いを
言葉にする方がよっぽどいい。

そして、周囲の声を言い訳にせず、
その想いをやっちゃう人はもっといい」

こんな価値観で動いてみるのは
いかがでしょうか?
 

関連記事

  1. できの悪い人は、使う言葉も悪い

  2. セミナー主催者はブランディングに気をつけよう

  3. 誰でも「先生・講師・コーチ・コンサルタントになれる」という風潮

  4. セミナー講師に必要なものは、セミナーコンテストで学んだ。

  5. パーソナルブランドインタビュー『わたしの約束』vol.1 塚本こず恵さ…

  6. 働き方改革は、自分でやる。

  7. ラジオという自分メディアを気軽に持てる時代

  8. おもしろい人は◯◯を壊す人