続・2018年は名古屋人の応援をする話【アイアム拡声器】

先日こんなことを書いたら、結構反応ありました。

2018年は名古屋人の応援をする話【アイアム拡声器】

次の日のセミナーでは
自己紹介にさっそく追加。

「わたしには2018年からやることがあります・・・」

見切り発車が得意なので、
こういうときは、迷わず話す。

実際の反応も上々で、ウケたというより、
「そう、そうなんだよ!」という共感。

薄々思っていたけど、
誰も言わなかったことを
言っていくのはいいものです。

振り向いてもらう伝え方

セミナーでも言っていることですが

普通のことを、
普通にいったら、
普通です。

誰も見向きもしません。

適当な伝え方では
振り向いてもらえません。

それなのに、伝わらないだとか
言ってしまうから困ります。

かと言って、
炎上するようなことを
故意に発言するのも嫌です。

では、どうするか?

振り向いてもらう方法は
いたってシンプルです。

普通のことでも、
相手が【喜ぶように】伝えれば
特別なのです。

恋愛や愛情表現と同じです。
好きな人に告白するとき、
大切な人に言葉をかけるとき、
どうすれば相手が喜んでくれるかを
考えますよね。

【失言のお詫び】
顔が大きいくせに、恋愛とか愛情表現とか言ってしまい申し訳ございません。具体例が薄っぺらいのは、たいした恋愛経験もないくせに、恋愛を語ろうとしたためです。私の不用意な発言により、ご不快な思いをおかけいたしました。心よりお詫び申しあげます。

(TAKE2)

では、どうするか?

振り向いてもらう方法は
いたってシンプルです。

普通のことでも、
相手が【喜ぶように】伝えれば
特別なのです。

でも、ここでは、
具体例は出しません。

あなたに考えてほしいからです。

気のきいた具体例が
思いつかないからでは、
決してありません。

わたしは教育者です。

何でもかんでも
正解を与えることは
あなたの成長を妨げます。

決して、具体例が
思いつかないからでは、
ありません。

本当です。
信じてください。

あなたに必要なのは応援か?それとも・・・

「アイアム拡声器!」
「あなたを応援します!!」

このような発信を今後続けていくと、
おそらく変な依頼がやってきます。

心優しい津田くんが、涙ながらに
やんわり断らないといけない依頼です。

「あなたが欲しがっているのは
応援ではなく、支援では!?」

「あなたに足りないのは
応援ではなく、努力では!?」

心優しい津田くんは、口が裂けても
こんなことは言えません。

あっ!でも、
このブログを読んでいる皆さんは、
そんなことないですから大丈夫です!!


パーソナルブランド名古屋公式メルマガ



ブログやfacebookよりも最新情報を早くお届けします。ブログに書けない内容は全てメルマガで公開します。セミナーや講座のメルマガ読者割もありますので、ぜひご登録ください。


ABOUTこの記事をかいた人

自走教育とパーソナルブランドの専門家。「すべての人が適切な教育を受けられる社会をつくる」をビジョンに掲げ、中小企業専門の人材育成コンサルタントとして活動している。個人指導は700名、のべ35,000名の指導経験のある教育指導のプロ。個人のブランド構築を応援するパーソナルブランド名古屋を主宰。